Google、Android 14にプリインストールアプリによるシステムリソースの消費量を削減できる新機能を導入

ニュース

Android スマートフォンには多かれ少なかれメーカーやキャリアの判断によって個別に追加されたプリインストールアプリがあり、これは俗に “ブロートウェア” と呼ばれています。ブロートウェアは使わないのにスマホのリソース(CPU やメモリなど)を消費し、スマホの性能低下やバッテリー持ちの低下を引き起こす一因にもなるので、多くの Android ユーザーから嫌われています。しかし、Android 14 には忌まわしいブロートウェアの起動を事前に停止してシステムリソースの消費量を低下させる新機能が追加された模様です。

Android の専門家として有名な Mishaal Rhaman 氏が今回の新機能を報告し、同氏は Android 14 にひっそりと追加された新機能が全てのプリインストールアプリに対してシステムリソースの使用量をどのように削減できるかについて説明しました。それによると、スマホを起動すると Android OS はシステムパーティションをスキャンし、そのプロセスにおいてランチャーアクティビティを持つアプリが見つかると、そのアプリはユーザーによって起動されるまでは停止状態となります。つまり、実際に使われるまで該当アプリは(ストレージを除き)システムリソースを一切消費しません。その結果、スマホ全体のリソース消費量は削減され、性能やバッテリー消費が改善されます。Rhaman 氏はこの新機能について Google が「リソース使用量を大幅に削減するもの」と AOSP 内で説明していることも付け加えました。

新機能は今後、Android Open Source Project で利用可能になる見込みですが、スマホメーカーには新機能を無効化するオプションに加えて、起動時のスキャンプロセスを経ずにアプリを起動させるホワイトリスト方式の運用を可能にするオプションも提供されます。実際、スマホメーカーに提供される GMS アプリに関しては既にそのいくつかがホワイトリストに追加されているとのことです。

全ての Android ユーザーにとってプラスとなる機能なので、出来る限り多くのブロートウェアを削除または停止させたいところですが、実装の可否や制限の内容はメーカー各社の判断に依存します。それでも、メーカーが適切にこの機能を実装すればシステムリソースの消費が削減され、スマホの性能向上とバッテリー消費の改善を期待することができます。

Source : Patreon

スポンサーリンク
ニュース
android4front.jp を購読する
android4front.jp
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました