OnePlus Nord 3登場 バッテリー品質も保証する高性能ミッドレンジスマホ

製品情報

中国のスマートフォンメーカー OnePlus は 7 月 4 日、ブランドを代表するミッドレンジスマホ “Nord” シリーズの最新作となる「OnePlus Nord 3」を発表し、まずは英国で発売しました。価格は £499(約 99,000 円)〜となっています。

Nord シリーズは $500 前後の比較的リーズナブルな価格ながらも必要十分のスペックを持ち、幅広いユーザー層に向けて展開されている製品ラインです。新作 Nord 3 では、先代 Nord 2T と比べて、より大きく良質なディスプレイ、より強力なチップセット、より大きなバッテリーを搭載するなど、様々な点でスペックが強化されています。

Nord 3 は、高精細な 6.74 インチディスプレイや高速な Dimensity 9000 プロセッサを搭載するなど、MediaTedk プラットフォームを中心に構成されたスマホの中では高スペックな 5G スマホです。Android 13 ベースの OxygenOS 13 をプリインストールしています。

デザインも先代から大きく変化しました。Nord 3 では、フラットなエッジとフラットなガラスパネルを持つシンプルな見た目となり、IP54 レベルの防塵・防滴に対応。本体側面には OnePlus 伝統のアラートスライダーが搭載されています。

Nord 3 の新しいディスプレイは 120Hz のリフレッシュレートと HDR10+ の HDR再生をサポートする他、解像度は 2,2,772 x 1,240 ピクセルと前作から向上しました。また、1000 Hz と超高速なタッチサンプリングレート、10bit 色深度、リフレッシュレートは 40 〜 120Hz の間で自動調整されるなど、ハイエンドモデルに匹敵するディスプレイ性能を誇っています。さらに、Dolby Atmos 対応のステレオスピーカー、最大 16GB RAM も搭載することから、映画鑑賞やゲームプレイにも適したスマホだと言えます。

スマホで重要なカメラについて、カメラ構成は 50MP メイン+ 8MP 超広角 + 16MP マクロというトリプル構成です。メインと超広角カメラのスペックは前作と変わりませんが、マクロカメラが高画素化され接写写真をより高精細に撮影できるようになりました。

メインカメラは、Sony IMX890(1/1.56 型 1.0μm)センサーと OIS 付き F1.9 レンズで構成されており、超広角カメラは、120 度 F2.3 レンズを使用。

バッテリー容量は 5,000mAh に増加しており、80W の急速充電もサポートしています。中華スマホではよくあるバッテリー仕様ですが、OnePlus は 4 年間スマホを毎日充電しても良好なバッテリー状態を維持できると豪語しており、バッテリーの劣化に対しても品質を確約する取り組みはスマホメーカーとしては初めての試みです。また、OS についても 3 年間の OS アップグレードを保証しており、Nord 3 はミッドレンジスマホながらも高性能・高画質・高品質な一台となります。

OnePlus Nord 3 のバリエーションは 8GB RAM + 128GB ストレージ、16GB RAM + 256GB ストレージの 2 種類。カラバリは、テンペストグレーとミスティーグリーンの 2 色となっています。現在、Nord 3 は英国のみで販売されており、まだ多くの国では販売されていません。日本で正規に発売されることは無いと考えられますが、そのうち、Amazon で並行輸入品が発売されると思います。

Source : OnePlus

スポンサーリンク
製品情報
android4front.jp を購読する
android4front.jp
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました