Wi-Fi 7サポート機器の認定が始まり、スマホやタブレットのインターネット接続がより高速に

ニュース
▲ Wi-Fi 7 ロゴ 出展 : Wi-Fi Alliance

Wi-Fi 標準の策定と維持に取り組む企業連合 Wi-Fi Alliance は 1 月 8 日、Wi-Fi の新しい規格である Wi-Fi 7 をサポートする機器の認定プロセス「Wi-Fi Certified 7」を開始したと発表しました。

Wi-Fi 7(IEEE80.11be)は、現行の Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に続く次世代の Wi−Fi 規格で、理論上のスループットは最大 46Gbps に達し、最大 320MHz チャネルのサポートやマルチリンクオペレーション(MLO)などの新技術の導入により、通信時の遅延は圧倒的に少なく、多数の接続があっても通信が途切れず安定して通信できるなど、これからのインターネットを快適に過ごすには必要不可欠な存在とも言えます。

▲ Wi-Fi 7 ロゴ 出展 : Wi-Fi Alliance

Wi-Fi 7 を利用すればデバイス間で大容量ファイルでもほぼ一瞬で転送することができ、8K 動画のストリーミング、VR やオンラインゲーム、ビデオ通話などの作業ではこれまでにない低遅延かつ安定して楽しむことができます。

一部のハイエンドスマホは既に Wi-Fi 7 をサポートしていますが、それらの機器は今後、Wi-Fi Alliance によって Wi-Fi 7 デバイスと認定され、正式に利用可能になると思われます。今お持ちのスマホやタブレットが Wi-Fi 7 をサポートしておらず、接続製を優先するのであれば Wi-Fi 7 に対応機種への乗り換えが必要になってきます。

Source : Wi-Fi Alliance

スポンサーリンク
ニュース
android4front.jp を購読する
android4front.jp
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました