OPPO Find X7 Ultra正式発表、ソニーの新しい1型センサーや135mm望遠カメラを搭載

未分類

中国のスマホメーカー OPPO は 1 月 8 日、フラッグシップスマホの新モデルとなる「OPPO Find X7 Ultra」を正式に発表しました。現時点では間違いなく業界最高のカメラシステムを搭載したとても魅力的な新スマホですが、残念ながら、当面は中国市場での発売しか予定されていません。

Find X7 Ultra の一番の特徴は、世界初となるデュアルペリスコープ型望遠カメラとソニーの第 2 世代 1 型 CMOS イメージセンサーを搭載したことで、メインの広角カメラとサブの超広角カメラにはどちらも 2 層トランジスタ構造の LYTIA センサーを使用して静止画・動画の画質を飛躍的に向上させています。また、前モデルと同様に光学 3 倍のポートレートカメラにはメインカメラ向けの 1/1.56 型イメージセンサーが使用されていますが、X7 Ultra ではポートレート撮影の定番でもある焦点距離 135mm の望遠カメラが追加され、OPPO によると、14mm ~ 270mm までの範囲は光学品質を損なうことなくズームさせることができるとのことです。

Find X7 Ultra は、4,500nits のピーク輝度を誇る超明るいディスプレイ、Qualcomm 最新の Snapdragon 8 Gen 3 チップ、100W の急速充電だけでなく 50W の高出力なワイヤレス充電を利用して効率的にバッテリーを充電できます。バッテリー容量は 5,000mAh。今後、Find X7 Ultra には衛星通信・衛星通話をサポートしたモデルも追加される予定です。

スマホ本体は、背面の上部にガラスを、下部にプレーンレザーを使用したツートーンデザインを採用しており、厚さは 9.5mm、質量は 221g、IP68 レベルの防塵・防水に対応。カラバリは、オーシャンブルー、セピアブラウン、テーラードブラックの 3 色となっています。

ディスプレイは、6.82 インチ QHD+(3,186 x 1,440px)解像度の LTPO AMOLED
で、120Hz のリフレッシュレートをサポートし、HDR 用のピーク輝度は 4,500nits にも達します。また、OPPO 独自の HDR フォーマットである ProXDR をサポートしています。

カメラは引き続き Hasselblad によるチューニングが施されています。4 つのカメラは全て 50MP 画素で、メインの広角カメラにはソニーの第 2 世代 1 型イメージセンサーとなる LYT-900 が使用されています。これは、前世代となる IMX989 と比較して製造プロセスが 40nm から 22nm へと微細化されたことで電力効率が向上しています。メインカメラのレンズ焦点距離は 23mm で、OIS に対応した F1.8 レンズがセットになっています。

LYTIA センサーが使用されたのはメインカメラだけではありません。実は、超広角カメラにもソニーの新しい LYT-600 センサーが使用されています。このセンサーは、1/1.95 型のセンサー面積を持ち、レンズ焦点距離は 14mm。AF 対応の F2.0 レンズがセットになっており、最短 4cm のマクロ撮影にも対応します。

3 倍望遠カメラは、1/1.56 型の IMX890 センサーと焦点距離 65mm の F2.6 レンズで構成されており、25cm まで被写体に寄って撮影することができます。6 倍望遠カメラは 1/2.51 型の IMX858 センサーと焦点距離 135mm の OIS 対応 F4.3 レンズで構成されており、最短 35cm まで被写体に寄ることができます。

カメラのアップグレードには OPPO と Hasselblad が共同開発した HyperTone テクノロジーの導入も含まれます。HyperTone とは、カメラシステム、画像処理エンジン、ProXDR ディスプレイを組み合わせて実現される AI を活用した高画質化技術のことで、Finx X7 Ultra に搭載された HyperTone 画像処理エンジンが写真を RAW レベルで鮮明化とノイズ除去を施すことで、従来よりも鮮明さが 30% 向上し、ノイズは 60% も低減されています。

カメラはハードウェアだけでなく、Hasselblad ポートレートモードやプロフェッショナルモード、HDR などのソフトウェアも改良され、さらに、レンズ全域で Dolby Vision HDR 録画、13 Stop のダイナミックレンジと 16bit の色深度を持つ 50MP RAW 撮影にも対応します。

Find X7 Ultra には、12GB + 256GB モデル、16GB + 256GB モデル、16GB + 512GB モデルの 3 タイプがあり、価格は 5,999 元(約 126,000 円)~となっています。

スポンサーリンク
未分類
android4front.jp を購読する
android4front.jp
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました